読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無事なる男

敗北と死に至る道を淡々と書いています。

「サイレントマジョリティー」をめぐるアイドルたちの現在地についての一考察

 今年聞いたアイドルソングの中で最も衝撃的だったものの一つは間違いなく欅坂46のデビュー曲「サイレントマジョリティー」だ。大人たちに振り回され、群れて笑顔を振りまくことに対する疑問と葛藤を歌ったこの曲は、それこそAKBに代表されるアイドルグループに対する強烈なアンチテーゼだった。いずれにせよ秋元康によるマッチポンプと言ってしまえばそれまでだが、楽曲のクオリティーとともに、新たなアイドルのデビューとしては有り余るインパクトがあったと思う。


欅坂46 サイレントマジョリティ

 7月18日に放送された「FNSうたの夏まつり」の中で、AKBグループの各チームの中からエース級のメンバーを選抜して作られたスーパーユニットのパフォーマンスという企画があった。彼女たちが歌う曲はデータ通信を利用し、視聴者の投票で決められるというものだった。AKBの「恋するフォーチュンクッキー」「365日の紙飛行機」、乃木坂の「君の名は希望」を抑えて僅差で1位になったのは「サイレントマジョリティー」だった。各グループのファン以外も多数投票したであろう中でこの結果となったのは正直驚きであると同時に、「サイレントマジョリティー」という楽曲の力が一般に浸透していることの証左であるとも思った。「サイレントマジョリティー」を歌うと決まった時の彼女らは、笑顔の裏で様々な思いを抱いていたのではないかと思う。特に、乃木坂46のメンバーには忸怩たる思いがあったのではないかと予想する。

 前述した通り、「サイレントマジョリティー」はアイドルという虚構の世界で大人の言うなりに演じることの不毛さや疑問をテーマにしている。つまり、AKB48に象徴されるアイドルグループそのものに揺さぶりをかける曲である。それはアイドルの恋愛禁止に一石を投じた乃木坂46の「制服のマネキン」に通じる部分があるものとも言える。欅坂46のセカンドシングル「世界には愛しかない」も「サイレントマジョリティー」と同様のテーマを持つ曲だった。そして、楽曲としてもポエトリーリーディングをフィーチャーした非常に「攻めた」曲だったと思う。対して乃木坂の新曲「裸足でSummer」は駄作とは言わないものの定番の夏ソング。齋藤飛鳥の新センター抜擢というトピックはあっても、あくまでファン向けの話題でしかない。悔しかっただろう。乃木坂にしてみれば「サイレントマジョリティー」にしろ「世界には愛しかない」にしろ「私たちが歌うべき曲なのに!」という思いがあったかもしれない。


世界には愛しかない - Keyakizaka46.


裸足でSummer.

 「FNSうたの夏まつり」でのドリームチームのパフォーマンスに話を戻そう。このスーパーユニットのセンターに選ばれたのは乃木坂46生駒里奈だった。これがどういう経緯で決まったのは知らないが、指原莉乃山本彩松井珠理奈にしてみれば「なぜ自分じゃないんだ」と思ってもおかしくないだろう。かくしてこのスーパーユニットのパフォーマンスは華やかなエース級メンバーの共演というアベンジャーズ的なお祭りから一気に「シビル・ウォー」へと様相を変える。この中では正直、自分たちの持ち歌でありながら欅坂メンバーの存在感は薄かった。先輩たちへの遠慮もあったのかもしれないが、それ以上に「同じ曲演ったら負けやしない」という、48グループと乃木坂の欅坂に対するプライドがハッキリと現れて、各グループ同士バチバチのやり合いが凄まじかった。センターの生駒はクールな無表情で「制服のマネキン」時を彷彿とさせる圧巻のパフォーマンス。これで溜飲を下げたと言っていいのかはわからないが、意地を見せたのは間違いない。「サイレントマジョリティー」という圧倒的に優れた楽曲を中心として、48グループの現在地が垣間見える貴重なパフォーマンスとして僕の目には映った。これから彼女らにどのような曲が与えられるのか。笑顔の裏にあるドラマからも目が離せない。


Silent Majority - 46 and 48 the Dream Team

誰からも愛された「38」に向けて

 北海道日本ハムファイターズの背番号38、武田勝投手が本日、今季最終戦をもって現役引退しました。

 北海道移転後2年目の2005年ドラフトで入団した彼は、2006年の日本一をはじめ、移転後すべてのリーグ優勝を知る選手でした。中継ぎからキャリアをスタートし、先発になってからもその変則フォームから繰り出されるスライダー、チェンジアップを中心に打ち取る技巧派左腕。自身のコメントにもあるように、体も大きくなく(176cm・73kg)球速もない彼がプロで勝負するにはいかにボール球になる変化球に手を出させるかが重要でした。そしてそれは、全盛期でも130km/hそこそこのストレートを堂々とストライクゾーンに投げる勇気とコントロールがあってこそ成り立つものでした。そして130㎞/hの真っ直ぐに相手打者が詰まらされる場面を何度見たことか。その投球術は芸術と言っていいものだったと思います。
 少なくともこの10年、いや20年、彼以上にコントロールの良かった投手を僕は知りません。11年のキャリアを通算して出した四死球は226個。9回完投したとして何個の四死球を出すかを計算した与四死球率(奪三振率の四死球版ですね)は通算で1.64。ピークと言える2010年に限っては驚異の1.07。先発でマウンドに立てば、四死球を1個出すか出さないかということです。自然、彼の投げる試合はテンポが速くなる。全盛期の武田勝が7回、8回を投げる試合では21時前に試合終了することがザラでした。
 どんなピンチでも、点を取られてもポーカーフェイスで淡々と投げ続けた武田勝。その姿しか知らない他球団のファンには意外かもしれませんが、ヒーローインタビューでは飄々としたコメントで笑いを誘い、ローカル番組では被り物をし、全身タイツで海に飛び込むような男でした。「水曜どうでしょう」をこよなく愛し、その主題歌である「1/6の夢旅人2002」をずっと登場曲として使い続けた彼が北海道民から愛されたのは当然のことでした。引退セレモニーでも最後にヒーローインタビューを行い、オカリナを吹き出すなどドームを爆笑の渦に巻き込みました。

 その武田勝がユニフォームを脱ぎました。

 彼が積み上げた82勝は北海道移転後のファイターズにとってかけがえのない財産です。そして、彼のように体が大きくなく、球も速くない投手にとって勇気を与える存在だったでしょう。「真っ直ぐが遅くても勝てることを見せたかった。」と彼は言いました。その技術、投げる姿は今年共に2軍で戦った若手にもいい教科書であったことと思います。今後38番を誰が背負うことになるのかはわかりません。でも個人的には技巧派の左投手につけて欲しいと思います。

 武田勝投手、本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございます。貴方の投げる姿を僕は絶対に忘れません。

ここから始まる。

サカナクション SAKANAQUARIUM 2015-2016 ”NF Records launch tour”
■2016/03/05@ニトリ文化ホール

 サカナクション、再始動。草刈愛美の出産による1年以上の休止期間を経てのツアーとなる。昨年秋から始まったツアーの終盤ということで乗り遅れた感もあるけど、こうして見ることができて良かった。会場はニトリ文化ホール。旧厚生年金会館。クラシック専門のkitara大ホールを除けば、札幌で最も大きなホール。アリーナクラスを含め、スタンディングでのライヴしか見たことがなかったので全部椅子席のホールでのライヴがどのようになるのか懸念もあったが、それは全くの杞憂だった。音響も映像もレーザー光線もきちんとアジャストし、サカナクションの空間を作り出していた。
 「ナイトフィッシングイズグッド」のリミックスをSEとして5人が登場し、おなじみのクラフトワークフォーメーションでDJ空間が立ち上がる。ホールでこれだけの音響が実現されるというのは驚きというくらいバキバキにカッコいい。序盤はBPM早めの曲で一気に会場を温める。「アルクアラウンド」「セントレイ」をここに持ってくるあたり、後半でそれ以上の盛り上がりを作る自信が見える。ツアーも後半、余裕すら感じる。「新宝島」など、今回初めて演奏される曲もあるが、特にそれをフィーチャーしているツアーではない。こういう、アルバムリリースと関係ない場合のライヴではセットリストに現時点でのバンドのモードやこれからの方向性が示唆されるものだ。それを感じたのは中盤、「壁」から始まったセクション。山口一郎が音楽家としての原点と向かい合うような内省的な曲である「壁」をほぼ照明が全くない暗闇の中で歌った。ここは鳥肌が立った。そこから「years」「ネプトゥーヌス」と、オイルアートの映像をバックに切々と歌い上げる。僕の頭に浮かんだのは原点回帰というか、もう一度自分の中にある音楽の核と向かい合うという意識。そこからまた新しい一歩を踏み出そうという、リスタートの意識があるのでは、と思った。「さよならはエモーション」からは再びレーザー光線が乱れ飛ぶダンスタイムが始まった。「夜の踊り子」では二人の踊り子さんも登場し華を添える。岩寺、草刈が太鼓を叩き、山口一郎がビームサーベルで指揮を振る「SAKANATRIBE」はまるで未来の民族儀式のような不思議な空間だった。そこから本編最後の「新宝島」まで一気に駆け抜ける、緩急も見事な構成だった。
 アンコール、「モノクロトーキョー」まで終わったところで長めのMC。魚釣りをした時にいい当たりがあると「ナイスフィッシュ」と声をかけるのが釣り人の礼儀だそうだ。だから皆もいいライヴを見た時は「ナイスライヴ!」と声をかけよう、と。一気に会場中から湧き出る「ナイスライヴ!」の掛け声。そして前日に行われた日本アカデミー賞で、『バクマン』の音楽を担当したサカナクションが最優秀賞を獲得したというニュースを報告。前日も札幌でライヴだったので、まだトロフィーを見ていないと。そんな話をしているところでトロフィーを持った大根仁監督が登場!アカデミー賞の授賞式を再現するというサプライズがあったのでした。
 そこから、メンバー紹介も交えながらまた一郎君のちょっと長いMC。ざっくり記憶を辿って書くと、オリコン1位になって紅白にも出て、自分たちが想像もしていないところまでサカナクションは一回行ってしまった。こっちの方向はもういいかなという気がしている。クラブイベントやレーベルを立ち上げたり、自分たちがどう音楽と関わるのか、どうリスナーとつながっていくのか、もう一回始めたいと思うからついてきてください、ということを言っていた。つまり、僕がライヴ中に思っていたことを山口一郎自身の口から言ってくれたようなMCだった。やはりこの人は信じられるな、と思った。
 そんな原点回帰の意識からか、メンバー紹介の中ではバンド結成時にそれぞれがどんなバイトをしていたかなど、昔話も。僕は知らなかったのだけど、草刈姉さんだけは当時、大学職員できちんとした職に就いていたのだそうだ。だけど、東京に出ていくことになり、その仕事を辞めて音楽一本にかけることになった。当時山口一郎はそれだけの決断をさせるからには売れなければいけない、音楽で食べていけるようにしないと申し訳ないという責任を背負っていたというのだ。そうして、初のシングル「セントレイ」から『シンシロ』へと続いていく。ライヴのラストはデビューアルバムからの「白波トップウォーター」。スタート地点を再度確かめて、また前に進むのだと言っているのだと思った。
 彼らもすでに10年選手。歴史は積み重なる。バンドには歴史があり、聞いているリスナーにも人生がある。それが絡み合うライヴはまさに一期一会。僕はサカナクションに出会えたことを幸せに思っているし、彼らが札幌のバンドであること(そして山口一郎が奥さんの幼稚園の同級生だったこと)を誇りに思っています。

■SET LIST
1.ナイトフィッシングイズグッド(Remix)
2.アルクアラウンド
3.セントレイ
4.表参道26時
5.AOI
6.スローモーション
7.壁
8.years
9.ネプトゥーヌス
10.さよならはエモーション
11.ネイティブダンサー
12.ホーリーダンス
13.夜の踊り子
14.SAKANATRIBE
15.アイデンティティ
16.ルーキー
17.新宝島
<アンコール>
18.グッドバイ(Remix)
19.ミュージック
20.モノクロトーキョー
21.白波トップウォーター

(写真は終演後の記念撮影時、「みんなも撮って!」という言葉を受けて撮影したものです)
f:id:magro:20160305204227j:plain
f:id:magro:20160305204507j:plain

いい買い物。

 以前から部屋で音楽を聞くとき用にBluetoothスピーカーがほしいと思っていたのですが、今回いろいろと迷った挙句これを購入しました。

 BoseのSoundLink miniというスグレモノもあるのですが価格が2万円台後半とちょっと高いのと、いろいろなレビューを見ると音質的にはむしろFLIP3の方がいいのでは、という意見もあるので、1万円ちょっとで買えるFLIP3にしました。

https://www.instagram.com/p/BDVvB3PrF_e/
Bluetoothスピーカーが欲しくて、買ってしまったJBL FLIP3。

 セットアップは非常に簡単。iPhoneとのペアリングはあっという間に終わり、さっそく音楽を再生するとダイナミックな音が。いろいろなジャンルの音を試してみました。J-POP、ロック、テクノ、R&B、フュージョン、どれも特にクセはなく非常にクリアに聞こえます。低音も十分響きますが、中音域が豊かなのでロック系には特に合う印象です。サイズや重さはほぼ500mlのペットボトルと同じ。このサイズと価格でこの音質ならコスパ的には十分。まれに音がプチプチ途切れることがあるのが玉に傷でしょうか。
 これで家で音楽聞くのが楽しみになりました。Apple Musicのプレイリストをかけっぱなしにしながら読書したりネット見たりしています。

くだらないの中に。

電気グルーヴ ライヴ「お母さん、僕たち映画になったよ。」
■2016/03/04@Zepp Namba

 電気グルーヴのドキュメンタリー映画『DENKI GROOVE THE MOVIE?』は、電気の2人は全く出演せず(過去の映像資料のみ)、過去の当事者や周囲の人々からの意見を集約し客観的に「電気グルーヴとは何なのか?」を検証するものだった。今回のツアーはタイトル通り、25周年を迎え、映画になった彼らがちょっと自分たちへのご褒美と感謝の気持ちとして企画されたようなものだと思う。しかしそれが、思った以上に今の電気グルーヴを見せるものになっていたのはさすがという感じ。
 「コンニチハ、デンキグルーヴデス」という音声からライヴは始まる。サポートDJはagraphこと牛尾憲輔。映画のサントラに近い流れのようでいて、定番やレア曲も周到に織り交ぜていくのがニクイ。「Shameful」から「新幹線」のバキバキな流れは序盤のハイライトだったと思う。『The Last Supper』でのバージョンを基にした「スコーピオン」のカッコよさは異常だった。この曲、ファンの間では賛否の分かれる『ORANGE』に収録されていたからかもしれないけど、過小評価されてる気がする。「あすなろサンシャイン」の神々しさ(いかがわしさ)はまさに瀧の独壇場。久々に聞いた「カメライフ」でも、卓球はステージの端から端まで元気に動く。DJ卓とステージ前方を激しく行き来するので、実は普通にライブするバンドよりも運動量高いのじゃないだろうか。48歳、元気です。卓球のソロからの「Love Domination」もちょっと驚き。サウンドはもちろん、VJでもスクリーンいっぱいに「SEX」の文字が大写しになる羞恥プレイ。カッコいい曲ながら、キチガイおじさんたちの悪趣味さが如実に表れていたと思う。
 いいアーティストというのは、若い時に作った曲をいつまでも歌い続けていられるものだと思う。それはつまり、一貫したものが流れているということに繋がるからだ。おっさんになっても彼らにとっての(というか卓球にとっての)青春の1ページである「N.O.」を歌えるのはカッコいいと思う。彼らのような一見ふざけてばかりいるような人たちはこういう曲を「若気の至り」と否定しがちな気もするが、電気はそうではない。これが、僕が彼らを好きな理由のひとつでもある。本編ラストの「カッコいいジャンパー」まで、実に90分一本勝負。MCなしで一気に走り抜けたのだった。しびれるような、男気を感じるライヴだった。
 アンコールで登場した2人は鬱憤ばらしのようにくだらない喋りを続ける。個人的に一番ツボだったのは卓球が今はなきお笑いコンビ「さくらんぼブービー」のネタ「鍛治君じゃない?」を言い放ったところ。会場のウケはイマイチでしたが僕は爆笑でした。3月末に発売になる映画と、ツアー「塗糞祭」DVD/Blu-rayを一応宣伝し、アンコールは「ポポ」。瀧が全く高音出てなかったのには若干年を感じたけど、こうやってバカなおじさん達が元気に場かやっているのを見られるのはいいものです。彼らに限らず、アラフィフのアーティストが普通にゴロゴロいて、今も元気に現役で音源を出し、ライヴし、フェスにも出ている。そういうのを見ると、歳を取るのも悪いものじゃないなと思うのです。

■SET LIST
・ハローミスターモンキーマジックオーケストラ
・Fallin' Down
・Missing Beatz
・Shameful
・新幹線
・愛のクライネメロディー
・Baby's on Fire
スコーピオン2001
・BARON DANCE
あすなろサンシャイン
・カメライフ
・TKOテクノクイーン
・Love Domination
・Flashback Disco
ジャンボタニシ
・N.O.
・かっこいいジャンパー
<アンコール>
・ポポ