無事なる男

敗北と死に至る道を淡々と書いています。

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO感想(4)~20回目の朝

■2018/08/11@石狩湾新港特設野外ステージ JOY-POPS終わってかえりみちのblue。 #rsr18 #rsr2018ここで各ステージ小休止の時間。RED STAR周りの屋台で腹を満たし、休んでいると花火が打ち上がる。毎年恒例、ありがたや。RED STARでエゴラッピン。エゴラッピ…

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO感想(3)~それは天気のせいさ

■2018/08/11@石狩湾新港特設野外ステージ昨日の夜ほどではないにしろ、まだ断続的に雨は降り続いていました。車で石狩に向かう途中も止んだと思ったらまた降ってくるの繰り返し。天気の変わりやすい会場周辺ではもっと落ち着かない天気になるのだろうと覚悟…

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO感想(2)~雨は夜ふけ過ぎに泥へと変わるだろう

■2018/08/10@石狩湾新港特設野外ステージ ローストビーフ丼。 #rsr18雨は断続的に降り続け、かなり水たまりが目立つようになってきました。そういえば電気グルーヴは1回目のライジングサンのトップバッターだったんだよなあなどと思い出に浸りつつライブス…

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO感想(1)~RAIN-DANCEがきこえる

■2018/08/10@石狩湾新港特設野外ステージ1999年の1回目から数えて20回目のライジングサン。僕にとっても20回目のライジングサン。今年は出てくるアーティストも「20回おめでとう」「20周年おめでとう」という声が多く聞かれました。正確には20周年は来年な…

2018年・私的ベスト10~音楽編(2)~

洋楽編です。邦楽編と同じく順位は無しで、5枚選んでいます。何となくですがジャンル的にうまいことばらけたセレクトになった感じです。 Years&Years『Palo Santo』 Years & Years - All For You2018年はフジロックにも出演したイヤーズ・アンド・イヤーズ。…

2018年・私的ベスト10~音楽編(1)~

明けてしまいましておめでとうございます。本当にもう年々、新しい音楽をじっくり腰を据えて聞くことが少なくなってきました。正直目新しい驚きや意外性に乏しいラインナップになっていると思います。今年は順位はつけていません。邦楽から5枚、洋楽から5枚…

2018年・私的ベスト10~映画編(2)~

5位『ヘレディタリー/継承』 『へレディタリー/継承 』予告編 (2018年)家長であるエレンの死をきっかけに、グラハム家に起こる奇妙な出来事とその顛末を描くホラー映画。確かに血しぶきやグロい場面も多いですが、この作品にはゾンビや猟奇殺人といった一般…

2018年・私的ベスト10~映画編(1)~

今年は映画館で見た作品が少なくて。見たかったやつを見逃して後からブルーレイで見直すパターンも多かったです。なので非常に狭い範囲でのベスト10です。 10位『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』 映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル…

ただの「芸術」ではない。

■Cornelius Mellow Waves Tour 2018 ■2018/10/24@札幌市教育文化会館大ホール昨年のツアーに続き、「Mellow Waves」を冠したツアーが今年も敢行される。日本だけでなく世界中をツアーしてきているので、メンバーとの呼吸も映像とパフォーマンスのシンクロ率…

共に生きるバンド。

■eastern youth 極東最前線/巡業2018~石の上にも三十年~ ■2018/10/06@cube gardenイースタンユースのライブを見るのは本当に久しぶりで、2015年のツアー、つまり二宮友和在籍時のラストツアー以来。それ以降、フェスやツアーで見る機会はあったものの、都…

ひがみと繊細。

■関取花 バンドツアー ~あっちでどすこいこっちでどすこい~ ■2018/08/14@札幌SPIRITUAL LOUNGE関取花のライブは、数日前にライジングサンで弾き語りを見たのが初めて。その前からこのツアーのチケットは取っていたのだけど、その弾き語りの歌声が実に素晴…

産みの苦しみの中で。

■サカナクション SAKANAQUARIUM2018 "魚図鑑ゼミナール" ■2018/06/14@Zepp Sapporoサカナクション、ベストアルバム『魚図鑑』を引っ提げてのツアー。『魚図鑑』はわかりやすくキャッチーな曲を集めた「浅瀬」、ちょっとマニアックな趣向を凝らした「中層」…

ひとりじゃないの。

■奥田民生 MTRY TOUR 2018 ■2018/06/02@わくわくホリデーホール奥田民生という人は、そのリラックスした雰囲気と音楽に対する自由なアプローチで、多くのファンやアーティストからリスペクトされている。その自由さは、2015年に自身のレーベル「ラーメンカ…

問答無用のエンターテインメント。

■岡村靖幸 2018 SPRINGツアー「マキャベリン」 ■2018/05/20@Zepp Sapporo岡村ちゃんが本格的に音楽活動を再開してからすでに7,8年が経った。 コンスタントにツアーをやってくれるので毎年のように岡村ちゃんのライブを見ることができているのは本当に幸せな…

若さのイメージ。

■佐野元春&THE COYOTE BAND ツアー2018「MANIJU (マニジュ)」 ■2018/03/17@札幌市教育文化会館大ホール佐野元春&THE COYOTE BAND、2017年リリースの最新作『MANIJU』を引っ提げてのツアー。『MANIJU』というアルバムは非常に爽やかで、鮮烈で、端的に言う…

転がる石に苔は生えない。

■ユニコーン ツアー2017「UC30 若返る勤労」 ■2017/12/16@Zepp Sapporo デビュー30周年を記念して、現時点での最新アルバム『ゅ13-14』までの全オリジナルアルバム、そして未発表曲集や各メンバーの50歳記念曲等々を網羅したリマスタリングBOXセットをリリ…

2017年・私的ベスト10~音楽編(2)~

■5位:THE KIDS / SuchmosTHE KIDSSuchmosロック¥1800 2016年から2017年にかけて、シーンでの立ち位置、存在感、もちろんセールスや注目度まで、あらゆる意味で最も大きく変わったバンドの一つであることは、誰もが認めるところでしょう。ただ、「STAY TUNE…

2017年・私的ベスト10~音楽編(1)~

今年はDJ活動を再開したこともあって好きな音楽に触れる時間が昨年までよりも長かった気がするんですが、かといってじゃあ新しい音楽をたくさん聞いてきたか?というと決してそうではないような気がします。そこそこは聞いたとは思いますが、例えばフェスで…

2017年・私的ベスト10~映画編(2)~

■5位:ゲット・アウトGet Out/ [Blu-ray] [Import]出版社/メーカー: Universal Studios発売日: 2017/05/23メディア: Blu-rayこの商品を含むブログ (2件) を見るgetout.jp この映画は人種差別をテーマにしたホラー映画として紹介、宣伝されています。確かに前…

2017年・私的ベスト10~映画編(1)~

今年も劇場で50本を目標にしましたが惜しくも届かず。来年がんばります。今年は上位3本は別格で、それ以外はほぼ同列。全部好き。そんな感じです。なので順位にあまり意味はないかもしれません。■10位:沈黙-サイレンス-沈黙-サイレンス- [Blu-ray]出版社/…

歓びをともに分かち合う「しあわせ」な夜。

■NONA REEVES “MISSION 2017” ■2017/11/18@札幌Sound Lab mole 20周年アニバーサリーイヤーのノーナは2枚のベスト盤をリリースし、満を持して『MISSION』というアルバムを作った。長く音楽を聞いていると軽々しく「最高傑作」という言葉を使いたくなくなっ…

煮詰めてこそのシロップ。

■syrup16g COPY発売16周年記念ツアー 十六夜<IZAYOI> ■2017/10/25@ペニーレーン24 2001年発表のアルバム『COPY』。シロップ16gの1stフルアルバム。彼らが世の中に注目されるきっかけとなった作品であり、代表作と言っていい。そして個人的には、2000年代…

心地良きゆらぎ。

■Cornelius Mellow Waves Tour 2017 ■2017/10/13@札幌ペニーレーン24 新作『Mellow Waves』がオリジナルとしては実に11年ぶり、ライブツアーで札幌に来るのも実に10年と7か月ぶり。ただ、夏にフェスで一度ステージを見ているので新作の曲をステージで演奏す…

その先に目指すもの。

■BUMP OF CHICKEN TOUR 2017-2018 PATHFINDER ■2017/09/24@北海道立総合体育センター(きたえーる) 会場は当然のように数千人規模のアリーナ。2DAYS。1曲目からガンガン飛び散る銀テープ、紙吹雪。前回の「WILLPOLIS」ツアーから登場した、色とりどりに光…

The Show Must Go On.

■Dragon Ash Live Tour 2017 MAJESTIC ■2017/09/08@札幌ペニーレーン24 新作『MAJESTIC』を引っ提げてのツアーなのだけど、実は札幌でのワンマン公演は2007年の「DEVELOP THE MUSIC」ツアー以降、10年ぶりなのだそうだ。アルバムで言うと『INDEPENDIENTE』…

レキシに見る、正統派コミックバンドとしての系譜。

■レキシ 「レキシツアー2017 不思議の国のレキシと稲穂の妖精たち」 ■2017/06/21@わくわくホリデーホール(札幌市民ホール) ライブ冒頭、レキシ、いとうせいこう、みうらじゅんによる寸劇VTRがスクリーンに流れる。本当にどうでもいい内容なのだけど、一応…

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO感想(5)~太陽のブルース

■2017/8/12@石狩湾新港特設ステージ コーネリアスの後、そのままレッドスターに待機。suchmosを待っている間にレッドスターにどんどん人が集まってくる。最終的には通路側まであふれるくらいになっていたと思う。今年のsuchmosの勢いを考えれば当然だろう。…

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO感想(4)~今夜だけ間違いじゃないことにしてあげる

■2017/8/12@石狩湾新港特設ステージ ZAZEN BOYSからそのままデフに残ってeastern youthか、サンステージで久保田利伸か、被りが痛い時間帯。結局、現時点で一番見たい、見ておきたいという欲求に従ってぼくのりりっくのぼうよみ。僕が移動したときにはまだ…

■RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO感想(3)~耳から飛び出る昇り龍

■2017/8/12@石狩湾新港特設ステージ 朝起きると、結構な勢いの雨。昨夜から降り続いていたらしい。予報を見ると日曜の朝まで降るらしい。というわけで上下レインコート、長靴を装備して完全武装で臨むことにする。会場についてもやはり雨。会場外駐車場に車…

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO感想(2)~やつらの足音のバラード

■2017/8/11@石狩湾新港特設ステージ ねごとの後、時間的体力的にやめとこうかなと思ったけど、レッドスターに移動。ちょうどバックホーンが始まったところだった。昼間は気づかなかったのだけど、PAテントの後ろにモニタービジョンができていた。最近はサン…