読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無事なる男

敗北と死に至る道を淡々と書いています。

○F7−1H

 昨日に続いての「稲葉シリーズ」第2戦。ホークスの先発が杉内なのでそうそう点は取れないだろう、勝さんがんばってくれ、という感じで始まった試合。序盤は予想通りの投手戦。勝さんはランナー出しつつも要所を締めて失点を許さない。杉内も3回までは四球一つだけでノーヒット。これは先制点が大きな意味を持つなという緊張感のある展開。4回、稲葉のヒットからチャンスをつかんだファイターズがスレッジと小谷野の連続タイムリーで2点を先制。6回にはまた稲葉のヒットから始まりワイルドピッチで3点目。杉内はここでちょっと緊張感が切れてしまったか。小谷野もヒットで続き、二岡が試合を決めたと言ってもいい2ランを放つ。勝さんは小久保に一発を食らって降板したものの6回0/3・1失点で5勝目。賢介と糸井にも一発が飛び出し、終わってみれば7-1の完勝。首位攻防戦を2勝1敗と勝ち越しました。上出来でしょう。
 敵ながら、ホークスはケガ人が多くて打線が機能してませんね。松田・オーティズに続き多村も肩の違和感だかで2試合連続スタメン落ち。右打者で警戒するべきなのは小久保くらい。昨日の藤井といい、今日の勝さんといい左投手が自信もって投げられるような打線になってる。この3連戦も松中と小久保のホームランでしか点が入っていないし、打線がつながってません。ホークスはここを乗り切らないと厳しいでしょうね。
 稲葉シリーズ、何とか1勝1敗でよかった。稲葉はお立ち台にも立てたし、主役としての役目を果たしたと言っていいでしょう。これでダメだったら次からは個人の名前を冠したシリーズとかできなくなっちゃいますからね。まあ、よかったんじゃないでしょうか。
■今シーズンの観戦成績:6勝5敗1分(.545)