読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無事なる男

敗北と死に至る道を淡々と書いています。

ないものねだりのI Want You。

monobright two

monobright two

 monobright、約1年半ぶりのメジャー2作目。この間に発表されたシングルや映画『アフタースクール』の主題歌だった「あの透明感と少年」も別ミックスで収録されるなど、ボリュームとしては申し分ない。曲調もバラエティに富み、いよいよ本格的にバンドの音が広がり始めてきた印象を受ける。白ポロシャツの衣装統一をやめたというのも、このサウンドのカラフルさにシンクロしているのだろうし、そういうキャラ付けがなくても十分自分たちは勝負できるという自信が出てきたということなのかもしれない。個々のプレイもいい意味で遠慮がなくなり、バンドの一体感も以前より出てきたと思う。中には打ち込みを使ったような曲もあるが、バンドの状態が良いからこそこういう冒険もできるのだろう。確実にスケールアップした好盤だとは思う。
 ただ、楽曲のスタート地点はやはり桃野陽介の妄想であり、そこからキミと僕のストーリーになっていく、というものがほとんどだ。そこは以前とは変わっていない。そういうバンドだし、そういうソングライターなのだと言ってしまえばそれまでだが、もう少し曲の内容に引き出しがほしい。サウンドが広がった分、余計にそこが目立つ。悶々とした青春のリビドー、ピュアな幻想といった世界観にはまる人はいいが、それ以外にアピールするにはもっと世界を広げるか、あるいはこのテーマでもっと共感を呼ぶ圧倒的なストーリーを紡ぐしかない。桃野陽介というソングライターはまだその域には達していないと思う。無いものねだりの贅沢なのかもしれないが、彼らのようなバンドに必要なのは着実な進歩ではなくむしろ一か八かのスリリングさなのじゃないだろうか。まだまだとんでもないビッグバンを見せてくれそうな気がするので、今後に期待。