読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無事なる男

敗北と死に至る道を淡々と書いています。

解放の音。

FIRST(DVD付き限定盤)

FIRST(DVD付き限定盤)

 ウルフルズの活動休止は、少なからずショックな出来事ではあった。が、「ガッツだぜ!」以降のバンドの浮き沈みや様々な紆余曲折の歴史を振り返ると、ここが限界だったのかな、という気がするのもまた事実。トータス松本ウルフルズのストレートで明るいバンドカラーとは裏腹に、非常に繊細で悩みを抱えやすい人間であるというのはファンなら誰しも知っていることだろう。これまでも幾度となくウルフルズへの複雑な想いを彼は語ってきたが、そのトータスが休止と言う決断を下したのなら、もうそれは仕方のないことなのだと思う。
 そのトータスのファースト・ソロ・アルバム。タイトルもジャケットも実にストレートである。隠し事や裏表、一切無し。これが今のミュージシャン・シンガーとしての自分の持てる全てだと言う、清々しく気持ちの良いアルバムになっている。メロディーはもちろんだが、アレンジやコード進行が非常に洗練されていて、思わずオシャレという形容詞が思い浮かぶほどだ。ウルフルズの一種ワンパターン的な泥臭さとは一線を画す、センスに溢れた歌謡R&Bとでも言える音である。こうした音を、トータスはずっと頭の中で鳴らしていたのだろうか。おそらくYesだと思う。しかし、それはウルフルズ的ではない、ウルフルズにはそぐわない、と自分で判断して外に出していなかったのだと思う。
 ウルフルズは確かに、バンドキャラクターとしてもメンバーの技量的にもいろいろな制約があるバンドではあるとは思うが、このアルバムで聞くことのできるトータス松本の才能を抑圧してしまうものであったとするならば、ウルフルズのファンは非常に複雑な気持ちにならざるを得ないだろう。シンガーとしての破格の能力は誰しもが認めるところであったと思うが、彼のアーティストとしての可能性はもっと大きいものだったのだ。おそらくは、トータス自身が考えていたよりも。
 ウルフルズの休止は残念ではあったが、それは同時にトータス松本という優れた一人のアーティストを本当の意味で解き放つことでもある。音楽ファンとしてはまずそれを何よりも喜ぶべきだと思う。