読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無事なる男

敗北と死に至る道を淡々と書いています。

ロックンロールの先端。

Oi! Um bobo(初回生産限定盤)(DVD付)

Oi! Um bobo(初回生産限定盤)(DVD付)

 クロマニヨンズ、いつものようにきっちり1年ぶりの新作。もう5枚目。そんなになるのか。前作と同じく、今回全12曲。ヒロトマーシー6曲ずつ。収録時間約34分。そしてやはり前作と同じく、モノラルレコーディングで制作されている。しばらくはこのスタイルで行くのだろう。あいも変わらず、ロックンロールの芯だけを抽出したような演奏が収められている。
 クロマニヨンズになって以降、彼らの曲は歌詞もメロディーもどんどん削ぎ落とされて、特に歌詞はヘタするとタイトルを連呼するだけに近いような感じにもなっているわけだが、それは無意味になってきているのではなく、必要な意味をその言葉に凝縮させているというのに近いと思っている。例えば、「7月4日の横田基地」なんかはタイトルと「第2ゲートにも夏がやってきた」ていう言葉だけで夏の空気と、彼らのちょっとしたメッセージ性が浮かび上がってくる気がする。
 いつもと同じく最高のロックンロールが詰まってるのだけど、この「いつもと同じく」てのが曲者な気がする。ハイロウズの活動休止の際、マーシーヒロトは「活気を失った感じがした」というようなことを言っている。今のクロマニヨンズは決して活気がないとは思わない(むしろアクティブすぎるくらい)ので杞憂だとは思うがハイロウズはちょっとリリースペースが落ちたと思った途端に休止してしまった。この辺のマーシーヒロトの感覚は異様に鋭い。自分たちをロックンロールの先端に常に立たせておくためにはバンドの名前や形態にはこだわらない、というのがこの二人のすごさでもある。本作もそうだが、クロマニヨンズのアルバムはそんな彼らのポリシーが結実したものばかりだ。