読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無事なる男

敗北と死に至る道を淡々と書いています。

スリー・オブ・ア・パーフェクト・ペアー。

チャットモンチー  "YOU MORE前線"
■2011/05/02@神戸国際会館こくさいホール
 セルフプロデュースで自由に制作したアルバム『YOU MORE』を引っさげての全国ツアー。あれだけブッ飛んだアルバムのツアーなので、ライヴの方もカッ飛んでるのだろうかと思ったのだが、演奏以外の部分でいろいろと趣向が凝らされているライヴだった。まだツアー中なので詳しくは書けないが、「謹賀新年」で季節外れのお正月気分が味わえたり、「バースデーケーキ〜」の時の観客を巻き込んでの仕掛けなど、アルバム同様、色々なところで彼女らの「楽しいことしたい!」という意思が感じられるライヴだった。ライヴ当日、誕生日の人は期待してていいと思いますよ。彼女らから思いがけぬプレゼントがありますので。
 セットリストもなかなか考えられていたと思う。新作から全曲プラス過去の曲、という感じだが、新作の中でも段違いに抜けのいい「少年のジャンプ」や「シャングリラ」を惜しげもなく序盤に置いて一気にツカミにかかる構成。前述の「謹賀新年」や「バースデーケーキ」のような、ちょっとした仕掛けで楽しませてくれる展開があり、「涙の行方」や「Last Kiss」、「染まるよ」などのしっとりとしたミドルナンバーで聞かせる中盤。「風吹けば恋」「Last Love Letter」で盛り上げた後、新作の中でも最もヘヴィーな「拳銃」「余韻」という2曲で本編を締めくくる。それなりに代表曲は抑えつつ、楽しませると同時に、自分たちが新作でやりたかったこと、表現したかったことをライヴの場できちんと地続きに示してみせる。そういう意味で、よくできた構成だったと思う。アルバムの曲も、音源で聞くより素直に体に入ってきた気がする。そして何よりも、彼女らの楽しそうに演奏する姿、そしてステージ上で客がいるにもかかわらず3人の世界に入って勝手に盛り上がるMCにニヤニヤしっぱなしなのだ。久美子の「ご当地なぞかけ」コーナーなどのネタ(若干スベリ気味だが)も用意し、徹頭徹尾「チャットモンチーの世界」を作り上げていた。
 彼女らのステージはいつもそうだけど、サポートメンバーもいないし、本当に3人の作る空気が密接で独特で、そこに自然と観客も引き込まれていくのである。ほんわかしていながら、出す音は本格派というギャップ。彼女らもすでにアラサーと言われる年齢に入ってきているが、バンドの持つキャラクターのかわいさ、独特の空気感は奇跡的だと思う。アンコールでは地元徳島でレコーディングした『AWA COME』から「ここだけの話」、そしてデビュー曲「ハナノユメ」を演奏。どれだけ好き勝手やっても自分たちのスタート地点と初心を忘れるべからず、という彼女らなりのけじめなのかな、という気がした。

1.桜前線
2.レディナビゲーション
3.少年のジャンプ
4.シャングリラ
5.謹賀新年
6.Boyfriend
7.バスロマンス
8.バースデーケーキの上を歩いて帰った
9.草原に立つ二本の木のように
10.青春の一番札所
11.涙の行方
12.Last Kiss
13.染まるよ
14.風吹けば恋
15.Last Love Letter
16.拳銃
17.余韻
<アンコール>
18.ここだけの話
19.ハナノユメ