読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無事なる男

敗北と死に至る道を淡々と書いています。

きっとずっと続く。

Z(初回生産限定盤)(DVD付)

Z(初回生産限定盤)(DVD付)

 ユニコーン、再結成後の2作目。2009年を働きまくって駆け抜けたあと、昨年はユニコーンとしての活動は夏フェスくらいで落ち着いていたわけだが、意外と早く次の動きが始まったという感じ。とにかく再結成の衝撃と感動が大きすぎたので、数年にいっぺんでもいいからまたやってほしい、くらいに思っていたのだけど、こんなに早いとは思わなかった。早いうちに次動き出そうというのは現リーダーである阿部の提案だったそうだが、やはり再結成ユニコーンの中心は彼である。音楽的にも阿部がイニシアティブを取る場面が多いと思うし、本作でもユニコーンのアルバム史上初めて阿部の曲が民生の曲数を上回っている。
 各々ユニコーン以外での音楽活動がある中でこうして早いスパンで集まったのは、やはりこの再結成が意味のある、手応えのあるものだったということなのだろう。前作の感想でも書いたが、ユニコーンの再結成が画期的で、古今東西問わず再結成として音楽的にも最も成功した部類になったのは、やはり空白期間を経てきちんとそれなりに年を取った音楽になっていたからだと思っている。解散前の自己模倣であれば一発芸で終わっていただろう。そうではないからこそ、次に繋がった。つまり本作。
 曲出しで出遅れたという民生の曲は、彼のソロの基本となっているオールドスタイルのロックンロールやブルースが基調。「頼みたいぜ」などはまさに、その直球。てっしーの広島弁ボーカル曲もいい味だし、EBI曲は相変わらずのEBI節。「さらばビッチ」は前回のツアーで披露した甲殻類ラップをフィーチャーし、きちんとその成果(?)が生かされていて楽しい。阿部の曲はとにかく名曲オンパレードで、先行シングルの「デジタルスープ」を始め、稜線の長いゆったりしたメロディーラインが沁みてくる曲が多い。「SAMURAI5」は往年のビートロック的ナンバーで、阿部がプロデュースした氣志團っぽい前のめり感がいい。間奏部の阿部の語りも含め、「年取ったけどこういう速い曲もやろうと思えばできるんだぜ」という狙いが遊び心たっぷりに見えてくる。「ライジングボール」は阿部の真骨頂のような曲だが、ボーカルは民生。こういう、アルバムの中でも屈指の曲を敢えて民生に歌わせる、というバランス感覚も阿部っぽい。
 数々のプロデュース業をこなす阿部の客観的な視点を他のメンバーも信頼しているだろうことがアルバム通して見えてくる。解散前のユニコーン後期にも、阿部がなんとかバンドを引っ張っていこうとしている時期があったが、当時は既にバンドはバラバラで阿部が疲弊してしまった過去もある。だからこそ、阿部の奮闘が空回りにならず、きちんとバンドの行く先を示している今のユニコーンの状況はいいなあ、としみじみ思うのだ。いい年したおっさん達が本気で遊んでいる姿は、見ていて微笑ましい。(ライブの感想でもきっと同じことを書くと思う)