読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無事なる男

敗北と死に至る道を淡々と書いています。

ステップUP↑

岡村靖幸  LIVE TOUR 2012「スポーツ」
■2012/10/06@大阪国際会議場メインホール
 昨年の復活ライブ以降、フェスも含め彼のステージを見るのは3回目になる。実際、見るたびに良くなっているし、こういう言い方は適切ではないのかもしれないが、「戻ってきている」感じがする。パフォーマンスはもちろん、客のテンションとステージ上の彼との一体感、ライヴ全体に漂う岡村ちゃん感など、会場の空気そのものも含め、腫れ物に触る感覚がどこかあったのが、なくなっていっているような気がする。こっちの出方を間違えるとまた岡村ちゃんはどこかにいなくなってしまうのではないか、という不安が若干、少なくとも僕にはあった。この日のライヴでは、完全ではないにしろ、岡村ちゃんも僕(達)も、そろそろもう大丈夫なんじゃないか、という確信に近いものを感じることができたと思う。
 定刻から20分近く過ぎた頃、客電が落ちる。ステージには薄いカーテンが張られ、最初は岡村ちゃんの姿は見えない。ばっとカーテンが落ちた瞬間から、一気に極彩色の世界が広がっていく。夏の石狩で見たセットをより拡大しゴージャスにしたような内容で序盤は展開する。ステージ後方には複数のディスプレイが配置され、様々なグラフィックやテキストがめまぐるしく映し出される。岡村ちゃんの両脇にはパワフルに踊りまくる女性ダンサー2名。彼女らに負けじと、岡村ちゃんもキレのある動きを見せる。アルバム『エチケット』でのバキバキなファンクサウンドを中心にした演奏はすでに完成の域に達しており、バンドのアンサンブルもかなり熟成している印象。復活以来ずっと同じメンバーでライヴをやってきている意味は大きいと思う。要所要所で『エチケット』とは違うアレンジをぶっ込んで来ていて個人的にはすごく興奮した。それは岡村ちゃんの音楽が『エチケット』からさらに進んでいることの証左であり、その先には間違いなく誰も聞いたことのないメロディーと言葉を持つ「新曲」が存在しているはずだからだ。その到着も近いのでは、と思わせる進化だったのだ。
 MCは例のごとくバンマスの白石さんが担当。その間、岡村ちゃんはやはりドラムセットの脇にちょこんと座っている。男の子と女の子に分けて声を出させ、声の高さを男女逆転させるというよく意味のわからないコールアンドレスポンス(がんばってファルセットで絶叫したよ!)。そして、名古屋公演にも来ていたという女の子をステージにあげ、曲の最後のジャーンてところをその子の合図で締めるというパフォーマンス。いやかわいい。白石さんと並ぶと親子(以上か?)にしか見えない。そんな和む展開もありつつ、後半は更に熱を帯びていく。「愛の才能」をはじめ、これまであまりやってこなかったレパートリーも多く演奏していた。アンコールに入ってもその熱は冷めることはなく、「Peach Time」「come baby」など、やはり復活以降はセットリストで見ることのなかった曲が多く演奏される。前半のエチケットヴァージョンから、アンコールではオリジナルアレンジでの「聖書」が聞けた。2度目のアンコールは岡村ちゃんの弾き語りでスタート。即興の大阪ベイべ愛してるんやねんソングから、「友達のふり」では会場にマイクを向け、ワンフレーズ丸々客が歌うのだった。みんな当然完璧。これもまた貴重な「真夜中のサイクリング」を挟み、ラストの「Out of Blue」まで実に3時間弱のロングセット。山下達郎ブルース・スプリングスティーンかという大盛りの展開。それをダレさせることない展開は見事だし、岡村ちゃん本人はもちろん、バンド、ダンサーも含めた全員のパフォーマンスも素晴らしかった。多分裏ではみんなヘトヘトだったんだろうけど(だからツアータイトル「スポーツ」なのか?)。質・量ともに満足だったし、何よりも前述のように岡村ちゃんがどんどん「戻ってきている」感覚、そして新曲への期待が感じられたことが個人的には一番の収穫。でもあまり期待しすぎるとダメなことも長年のファンはわかっているので、ゆっくりと待つことにする。

■SET LIST
1.5!!モンキー
2.どうなっちゃってんだよ
3.カルアミルク
4.(E)na
5.アルファイン
6.ア・チ・チ・チ
7.vegetable
8.聖書(エチケットver)
9.愛の才能
10.家庭教師
11.イケナイコトカイ
12.いじわる
13.あの娘僕がロングシュート決めたらどんな顔するだろう
14.だいすき
<アンコール1>
15.Peach Time
16.come baby
17.聖書(オリジナルver)
18.マシュマロハネムーン〜セックス
19.Lion Heart
20.Super Girl
<アンコール2>
21.大阪ベイべ
22.友達のふり
23.真夜中のサイクリング
24.Out of blue