読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無事なる男

敗北と死に至る道を淡々と書いています。

ここから始まる。

音楽 ライヴ

サカナクション SAKANAQUARIUM 2015-2016 ”NF Records launch tour”
■2016/03/05@ニトリ文化ホール

 サカナクション、再始動。草刈愛美の出産による1年以上の休止期間を経てのツアーとなる。昨年秋から始まったツアーの終盤ということで乗り遅れた感もあるけど、こうして見ることができて良かった。会場はニトリ文化ホール。旧厚生年金会館。クラシック専門のkitara大ホールを除けば、札幌で最も大きなホール。アリーナクラスを含め、スタンディングでのライヴしか見たことがなかったので全部椅子席のホールでのライヴがどのようになるのか懸念もあったが、それは全くの杞憂だった。音響も映像もレーザー光線もきちんとアジャストし、サカナクションの空間を作り出していた。
 「ナイトフィッシングイズグッド」のリミックスをSEとして5人が登場し、おなじみのクラフトワークフォーメーションでDJ空間が立ち上がる。ホールでこれだけの音響が実現されるというのは驚きというくらいバキバキにカッコいい。序盤はBPM早めの曲で一気に会場を温める。「アルクアラウンド」「セントレイ」をここに持ってくるあたり、後半でそれ以上の盛り上がりを作る自信が見える。ツアーも後半、余裕すら感じる。「新宝島」など、今回初めて演奏される曲もあるが、特にそれをフィーチャーしているツアーではない。こういう、アルバムリリースと関係ない場合のライヴではセットリストに現時点でのバンドのモードやこれからの方向性が示唆されるものだ。それを感じたのは中盤、「壁」から始まったセクション。山口一郎が音楽家としての原点と向かい合うような内省的な曲である「壁」をほぼ照明が全くない暗闇の中で歌った。ここは鳥肌が立った。そこから「years」「ネプトゥーヌス」と、オイルアートの映像をバックに切々と歌い上げる。僕の頭に浮かんだのは原点回帰というか、もう一度自分の中にある音楽の核と向かい合うという意識。そこからまた新しい一歩を踏み出そうという、リスタートの意識があるのでは、と思った。「さよならはエモーション」からは再びレーザー光線が乱れ飛ぶダンスタイムが始まった。「夜の踊り子」では二人の踊り子さんも登場し華を添える。岩寺、草刈が太鼓を叩き、山口一郎がビームサーベルで指揮を振る「SAKANATRIBE」はまるで未来の民族儀式のような不思議な空間だった。そこから本編最後の「新宝島」まで一気に駆け抜ける、緩急も見事な構成だった。
 アンコール、「モノクロトーキョー」まで終わったところで長めのMC。魚釣りをした時にいい当たりがあると「ナイスフィッシュ」と声をかけるのが釣り人の礼儀だそうだ。だから皆もいいライヴを見た時は「ナイスライヴ!」と声をかけよう、と。一気に会場中から湧き出る「ナイスライヴ!」の掛け声。そして前日に行われた日本アカデミー賞で、『バクマン』の音楽を担当したサカナクションが最優秀賞を獲得したというニュースを報告。前日も札幌でライヴだったので、まだトロフィーを見ていないと。そんな話をしているところでトロフィーを持った大根仁監督が登場!アカデミー賞の授賞式を再現するというサプライズがあったのでした。
 そこから、メンバー紹介も交えながらまた一郎君のちょっと長いMC。ざっくり記憶を辿って書くと、オリコン1位になって紅白にも出て、自分たちが想像もしていないところまでサカナクションは一回行ってしまった。こっちの方向はもういいかなという気がしている。クラブイベントやレーベルを立ち上げたり、自分たちがどう音楽と関わるのか、どうリスナーとつながっていくのか、もう一回始めたいと思うからついてきてください、ということを言っていた。つまり、僕がライヴ中に思っていたことを山口一郎自身の口から言ってくれたようなMCだった。やはりこの人は信じられるな、と思った。
 そんな原点回帰の意識からか、メンバー紹介の中ではバンド結成時にそれぞれがどんなバイトをしていたかなど、昔話も。僕は知らなかったのだけど、草刈姉さんだけは当時、大学職員できちんとした職に就いていたのだそうだ。だけど、東京に出ていくことになり、その仕事を辞めて音楽一本にかけることになった。当時山口一郎はそれだけの決断をさせるからには売れなければいけない、音楽で食べていけるようにしないと申し訳ないという責任を背負っていたというのだ。そうして、初のシングル「セントレイ」から『シンシロ』へと続いていく。ライヴのラストはデビューアルバムからの「白波トップウォーター」。スタート地点を再度確かめて、また前に進むのだと言っているのだと思った。
 彼らもすでに10年選手。歴史は積み重なる。バンドには歴史があり、聞いているリスナーにも人生がある。それが絡み合うライヴはまさに一期一会。僕はサカナクションに出会えたことを幸せに思っているし、彼らが札幌のバンドであること(そして山口一郎が奥さんの幼稚園の同級生だったこと)を誇りに思っています。

■SET LIST
1.ナイトフィッシングイズグッド(Remix)
2.アルクアラウンド
3.セントレイ
4.表参道26時
5.AOI
6.スローモーション
7.壁
8.years
9.ネプトゥーヌス
10.さよならはエモーション
11.ネイティブダンサー
12.ホーリーダンス
13.夜の踊り子
14.SAKANATRIBE
15.アイデンティティ
16.ルーキー
17.新宝島
<アンコール>
18.グッドバイ(Remix)
19.ミュージック
20.モノクロトーキョー
21.白波トップウォーター

(写真は終演後の記念撮影時、「みんなも撮って!」という言葉を受けて撮影したものです)
f:id:magro:20160305204227j:plain
f:id:magro:20160305204507j:plain