読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無事なる男

敗北と死に至る道を淡々と書いています。

守備の達人・金子誠打撃コーチが語る「攻撃の意図」。

野球 雑記

 11月23日に北海道日本ハムファイターズのファンフェスティバルが行われました。僕自身も札幌ドームで楽しませてもらったのですが、今回のファンフェスはCSのGAORAで生中継されてました。その中で、選手やコーチにいろいろと話を聞くコーナーがあったのですが、金子誠一軍打撃コーチが実況席に来て話していた内容が非常に面白かったので書き起こしてみます。金子コーチの他、GAORAでファイターズ戦の実況を行っている近藤祐司さん、ガンちゃんこと解説の岩本勉氏です。

近藤「改めまして金子コーチ、お疲れ様でした。」
金子「お疲れ様でした。ありがとうございます。」
近藤「11月のこの時期というのは、準備の方も始まってはいるんですけども、気持ち的には選手たちも日本一の喜びを味わってもいい時期なんですか?」
金子「シリーズ終わって、すぐに秋季練習入るんですよね。で、あとは侍JAPANに行った選手もいますので、まあひとつそこで区切りはついているのかなと。翌年に向けてのいろんな取り組みはスタートしてる段階なので。この時期ですね、このファンフェスティバル、それから皆契約っていうのを終えてシーズンオフに入っていくような感じです。」
岩本「来季の準備で言ったところでね、今CM中に金子コーチはこのバブルサッカー、これ新しいトレーニングになるんじゃないかと思わずつぶやいたという。」
近藤「選手たちも汗だくになってましたよね。」
金子「中田翔があれだけ汗かくって、シーズン中もなかなかないですから(笑)。シーズンオフは何かいいトレーニング方法ないかなって模索するんですよみんな。北海道に移転してきた当初は雪かきですか、雪おろし。あれトレーニングにいい作業だなって思ったこともあります。なかなかトライする機会無かったですけど。」
(中略)
岩本「金子コーチ、今日新加入の選手で太田泰示選手の挨拶がありましたけど、来年期待寄せる部分も大きいんじゃないですか?」
金子「秋季練習から鎌ヶ谷でい一緒にいろんな話を聞きながらやったんですけども、ポテンシャルものすごい高いんで。なんとか札幌ドームでね、この広い外野を縦横無尽に走る能力がありますので。楽しみというか、活かしてあげたいですね。」
岩本「長打力もありますもんね。」
金子「ホントに飛距離は、このチームでも上から数えた方が(早い)。飛ばす方ですよ。」
岩本「状況によって、彼の調子によっては、パリーグはDH制がありますから。複数の打席を任せることも増えてくるかもしれませんね。」
金子「そうですね。もちろん、守備力もそうですけど身体能力もそう。あとはジャイアンツで10年弱やってきていろいろ取り組んできたことがあると思うんです。それも自信を持ってファイターズでも活かしてくれればいいかなと思いますね。」
岩本「本人も新しい自分を表現したいというようなコメントも残してますしね。楽しみですよね。」
近藤「往々にして金子さん、選手って環境が変わったり、はたまた指揮官が変わったり、打撃コーチが変わったりで一気に何か違う側面が見えてきたりしますよね。」
金子「そうですね。置かれてる環境、僕はファイターズ一筋でしたけど―ひとつ北海道移転っていうのが僕にとっては大きな転機にもなってますし、監督も6人変わってるんですね、コーチもそれとともに変わってますけども。もちろんあるのは自分のポテンシャル、自分の野球スタイルっていうのをまず大事にしてほしいなっていうのもあるんですけども、そのチャンスがあったり、チャンスを生かす場っていうのがいかにあるか、そこをどうやって生かせるかっていうのはあとは本人なので。僕らはその手助けをしていきたいですね。」
岩本「本人という意味ではそれぞれの選手が出場意欲とか、いろんな欲を持ってトライしてほしいですよね。」
近藤「今シーズンは金子コーチを見ていると特にファイターズ全体で言いますと、攻撃で言えば集中打があって、一気に集中力を発揮してビッグイニングを作って逆転したという試合があったんですが。その中で金子コーチがバッターにこう寄って行って一言声をかけて打席に送り出すケースが多かったんですけども、こういったケースはどういうアドバイスになってくるんですか?」
金子「まあ、一番多いのはピッチャー交代のタイミングの時かな。そういう、話す時間があるのは。僕、現役の時はネクストバッターで集中してる時にあまり話しかけられるのは好んでなかったので。そう見えるなって選手にはあまり近づくこともなかったですし。あとは場面ですよね。打席に入る上でこういうのあるのかなああいうのもあるのかなって迷いながらだとやっぱ選択肢が狭まってしまいますから。なるべくシンプルに打席に入れるような声掛けですか。求めてなければ全然スルーしてますけど。あそこにいるとね、ネクストバッターだと一球一球状況変わってきますから。ちらっと目が合ったりすることあるんですよ。そういう時は監督に確認しながら、僕なりの言葉で伝えてきたケースは何回かあります。」
岩本「バッターと目が合うということはバッターも何かちょっとワンポイント欲しいなと思ってる時かもしれませんしね。」
金子「そうですね。特にね、うちバントが多かったじゃないですか。バント多かったのは(声を)かけられた選手なんですよ。その選手に対しては迷いなくバントっていうものがあったんですけども。時々その、バントもあるのかなっていう場面の選手いますよね。で、そういう時にノーアウト一塁、ボールツーになりましたとか、相手の流れでノーアウト一二塁になったらどうするんだろうってバッターが感じる時もあるんですよ。で、そういう時にノーアウト一塁で打つケースもありましたし、送ったこともある。送った成功失敗っていうのはまた別にして、そこでトライすることの意味がたくさんあるんですけど。そこですね、バッターに対して声をかけたのは。ノーアウト一塁はもう思い切って打ってほしいと。で、試合後になんであそこで打たせたかっていうのは後で解説することで次に回ってきたときにまた楽な気持ちで、プレッシャーかかる場面ですから。バントって成功率が大事ですけど、ノーアウト一塁での成功率って半分くらいしかないから、12球団でも。で、そういうのがみんな腹ではわかってるんで。プレッシャーかかるじゃないですか。それを少しでも取り除くきっかけになればいいなと思ってやってたんですけれども。」
岩本「なるほどね。まあ、いろんなケースが予想される中で頭でっかちにならないよう迷いをちょっと無くしてあげるようなアドバイスだったんですね。や、でも僕印象的だったのは味方がカーンと同点タイムリー、逆転タイムリーとか打って。ベンチがワッと盛り上がるじゃないですか。その時に金子コーチはワッと盛り上がってる横で一人険しい顔で相手ベンチを見たりとか、相手チームを見たりとか。状況を確認してる姿がすごく印象に残ってるんですよ。」
近藤「金子さんは去年、パドレスに行かれてる1年間は合間にGAORAでも解説していただきましたけど、本当に細かいところまで野球を見てらっしゃって。どうですか?それがコーチとしてしっかりと生きた1年だったと思うんですが。」
金子「いやいや(笑)。もちろん、去年1年間させていただいたことは自分の中で引き出しにはなっているんですけど。これ、いろんな先輩方からも言われたんですけど、こう上から、解説席から見るのと現場では全然違うぞと言われてきたんです。全然違いますねやっぱり。実際同点タイムリー逆転タイムリーって出ても、喜び…喜んでるんですよ?もちろん。もちろん喜んでるし興奮してもいるんです。だからついつい次にとるべき行動を忘れてしまうことも多々ありました。」
近藤「まあしかし今季はホークスも大敵であったという中で、ホークスもしっかり打ちましたし、そういった意味ではしっかりと結果を残せた1年ということになりましたね。」
岩本「一番の刺客であったホークスに対し打ち勝ちもしましたし、守り勝ちもしました。バッティングコーチされてましたけど、まあそこは守備の達人金子コーチ。ディフェンス面で選手からのアドバイスを求められることはありましたか?」
金子「いやいや。そこは僕は言っては…」
近藤「打撃コーチは打撃のことをというわけなんですね。」
金子「やっぱり毎日試合は続くわけで、今年は監督が本当にホークスとの試合に対してものすごくエネルギーを注ぐ部分がチームとしてもあったので。何とかしなきゃいけないじゃないですか。まあ一番はバッテリーが立ち上がりを大事にしてくれましたよね。逆転が多いっていうんだけど、5点6点を逆転した試合なんてほとんどないんですよ。2点3点なんですよね。それで凌いで行ってくれることで、要はバッティングコーチだったらこの先発をどうにかしてして打たなきゃいけないとチームとして思ってしまうんですけど。その試合に勝つにはどうしたらいいかって考えた時に何も先発に対して躍起になって打ち崩すのではなく、その日のホークスに勝つにはどういう風に攻撃していったらいいか、守りも含めて。コーチ陣もそうですけど、選手もそういう視点に立てたのはCSや日本シリーズにつながったのかなと思います。」
岩本「なるほど。例えば相手チームの先発ピッチャーがすごく調子よかったら、継投に移った時に「さあ何か変わるぞ」っていうような掛け声もあったわけですよね。」
金子「そうですね。あまり例を出したくはないですけど、なかなかどの球団も打ってない先発投手がいるじゃないですか。ホークスにも何人も。で、継投に入ったらチャンスは出てくると思うんですけども、継投の後ろの方はノーチャンスですよね、やっぱり。」
岩本「強いのがいますからね。」
金子「だから先発に7回まで投げられてしまうと厳しいんですよ。打ててはいないけれども、先発を5回で降ろす、相手ベンチが球数とかで、どうしようかな6回まで行かせようかな、5回までで止めようかな、と思うような攻撃がたとえ0点でもできたら、6回7回ってチャンスが生まれるんですよ。それが日本シリーズで表わされてると思うんです。」
岩本「そういう展開が多かったですね。」
金子「そういう野球は、交流戦15連勝しましたよね。その中盤くらいから「ああ、先発いいピッチャーだな。じゃあ今日は粘って行こう。」みたいな、自然な流れができてきましたよね。」
岩本「なるほど。もうお手上げ、じゃなくて粘って頑張っていれば何かが起きると。」
金子「はい。」
岩本「でも僕らね、中継していて、スコアつけてて今言われてることがその通り目の前で描かれてましたからね。」
金子「だからそれを一発で仕留められるバッターが初めからそれをやってしまったらいけないんですよね。でもそれができるバッターがファイターズは半分くらいいるんですよ。その選手たちが、犠牲になるんじゃないけれど、まあもちろんベストはランナーがいれば返す。ランナーがいなければメイクチャンスっていうのがベストなんだけど。ランナーがいる時、例えば一死二塁。もちろん返してほしいですよ?でも相手がちょっと上手だな、今調子いいなっていう時に、言い方としてはベターなアウトもある。」
岩本「アウトひとつの取られ方にもいろいろ種類があると。」
金子「そのベターなアウトっていうのはじゃあ何かって言ったら、もちろん粘った末に最後いい所投げられちゃったっていうのもまだベターだと思う。で、追い込まれたけれどもなんとかセカンドゴロで二死三塁にした。で、次が足のある左打者だったら内野安打で一点っていうケースもありますよね。もちろんランナー二塁のままだったら外野手前に出てきちゃうから。それを考えた時に、セカンドゴロでも拍手して迎えてやる。それがベンチ全体で出来るようになってくると、これ、僕が相手チームとして守ってても例えばさっき言った一死二塁で、相手バッターが苦しんで苦しんでセカンドゴロで二死三塁になった。次のバッターが足のある左打者だったら、僕がショートなら嫌です、やっぱり。
岩本「なるほどねー。それは守備の達人として、それを全て把握できてるから攻撃に活かそうと、どんどん戦力に変えていってくれたんでしょうね。目の前で起きてたことの根拠をこうやって喋っていただけるとありがたいですね。」
近藤「1年の経験を積んで、来季はさらにまた金子コーチの視野も広がってることが期待できそうですね。」
金子「やっぱり今年は、どちらかというと何をやってきたかなっていう反省も生まれないような感じなんですよね。もうちょっとこういう風にできたんじゃないかなって思う事もたくさんあるんだけど、何にもしてないのにこうやって選手たちが伸びていくってなったら、何もしない方がいいんじゃないかって思ったり(笑)。」
近藤「それは究極の指導ですよね。」
金子「まあ城石コーチとね、いろいろ話しながら。また城石コーチが選手ともたくさんコミュニケーション取ってますし。あとはまあ、勝ってるからかもしれないけど、全体的に雰囲気はいいですよね。」
近藤「確かに城石コーチと金子コーチ、どちらも打撃コーチですけれどバランスが絶妙ですよね。マスコミ対応の城石コーチ、金子さんはしっかりこう(内部を)。」
金子「(笑)マスコミ対応って、誰にも話を聞かれないから僕は(笑)。」
近藤「金子コーチはオレに話しかけるなオーラがフィールド上ではすごいんですよ(笑)」
金子「引退した時に角を取りますって言ったけど、角張りましたね、余計に(笑)」
近藤「解説者の時の、いろいろと説明してくださる金子さんが、コーチになられた瞬間勝負師になられますんでね。」
金子「でもどっちかって言ったら僕も城石コーチも守備的視野の部分が多いんですよね。」
岩本「そこが今僕聞いてて感心したところですよ。守っててこうだったらイヤだな、それを攻撃に生かすアドバイスに落とせるというところが逆転の視野ですよね。」
金子「城石コーチはヤクルト時代守備コーチでしたよね。昨年はファイターズのファームで打撃コーチをやってるんで、打撃コーチとしての視野も持ってるんですよ。僕はどっちかと言ったらまだ守備的人間だったので、そのままコーチになっちゃったから。打撃コーチなのにグラブしか持ってないし(笑)。」

 現役時代は堅守でチームを支えた守備的な選手だった金子誠が打撃コーチになったことを「?」と思った人は多かったでしょう。しかし、この話を聞くと守備的な観点が見事に攻撃に生かされていることがわかります。それこそがチームが金子氏に期待したことだったのでしょうし、また彼の野球観をさらに広げる経験になっているはずだと思います。それはつまり、来るべき監督就任に向けて広く野球を捉えることを期待されているのだと思います。現役時代から一貫した野球観と独自の理論を持っていた人なので、近い将来必ずその日はやってくると思います。