無事なる男

敗北と死に至る道を淡々と書いています。

転がる石に苔は生えない。

ユニコーン ツアー2017「UC30 若返る勤労」
■2017/12/16@Zepp Sapporo

 デビュー30周年を記念して、現時点での最新アルバム『ゅ13-14』までの全オリジナルアルバム、そして未発表曲集や各メンバーの50歳記念曲等々を網羅したリマスタリングBOXセットをリリースしたユニコーン。それに伴うツアーが今回の「UC30 若返る勤労」です。
 この日の札幌は雪こそ降っていなかったけれど、すでに根雪が積もっていて冬景色。そんな中、1曲目は「雪が降る町」。年末にこの曲が聞けるのは格別なものがあります。前述のように今回のツアーはBOXセット発売に伴うものなので、キャリア全般から幅広く選曲されています。しかもシングルの代表曲などではなくむしろ地味なアルバム曲などが多いのでレアなセットリストだったと思います。初期の曲、特にデビューアルバム『BOOM』の曲は現在も滅多にライブで演奏されることはないので、「Hystery Mystery」のイントロが流れた時は歓声と同時にどよめきが起こりました。まだABEDONが加入する前ですからね。
 「ロック幸せ」からは川西さんをはじめ、EBI、テッシーと各メンバーのボーカル曲コーナー。「ヒゲとボイン」から「SAMURAI5」は文句なしに盛り上がるクライマックス。グッズの小旗を買っておけばよかった(もしくは前回ツアーの時のを持ってくればよかった)とちょっと後悔しました。「すばらしい日々」はいつ聞いてもイントロから泣きそうになってしまいます。解散直前のシングルだったこともあり、この曲にはいろいろな意味が込められている気がしてどうしてもグッときます。いまだに、川西さんがこの曲を叩いてること自体にも。本編最後は「車も電話もないけれど」。とぼけた内容の曲ではありますが、個人的にはユニコーンの中でもトップクラスに優れたラブソングだと思っています。
 本編、短くない?と思ったのもつかの間、アンコールは「WAO!」から始まります。そして曲の途中でイントロクイズコーナーが。BOXセット発売記念ということで、全楽曲の中から民生セレクトでイントロクイズを行いメンバーが回答するという趣向。これがまたくだらないけど盛り上がるのです。そして選曲がマニアック。メンバーが誰もわからない時には客席に答えを求めて、正解者にはグッズをプレゼントしてました。このクイズコーナーが凡そ20~30分あったかと思います。最近のツアーではやはりアンコールの「WAO!」でABEDONのワンマンショーが恒例でしたが、それ以上に長い(笑)。こんなくだらないことを真剣にやるバンドは彼らくらいのものでしょう。
 デビューから30年が経ちメンバーが全員50歳を過ぎているということで言えば、例えば90年代前半、ちょうど1994年にアルバム『ブードゥー・ラウンジ』をリリースした頃のローリング・ストーンズとほぼ同じ状況です。じゃあその頃のストーンズがステージ上でイントロクイズをやったりバカバカしい冗談で笑いあったりしていたかというともちろんそんなことはないわけで。比べても意味のないことだとは思うのだけど、そう考えるとやはりこのユニコーンのユルさというのは特筆すべきものなのではないかという気がしてきます。2008年にアルバム『シャンブル』でユニコーンが再結成したとき、僕は「数年に1回でも良いからまた復活してほしい。そういうペースでなら、今の彼らなら続いていけるんじゃないだろうか。」ということを書きました。実際、それ以降のユニコーンは予想以上のペースで活動しているし、その間各々のソロ活動も並行して行ってます。そもそも既に再結成後の活動期間の方が長くなっているという、稀有なキャリアを歩んでいるバンドだと思います。無理のないペースでユルく、くだらないことを一生懸命にやってほしいと思います。ツアータイトルのように若返っているかどうかは別として、「こういう風に歳をとれたら幸せだろうなあ」と思わせるバンドでい続けてほしいと思うのです。

■SET LIST
1.雪が降る町
2.はいYES!
3.パープルピープル
4.ハヴァナイスデー
5.Hystery Mystery
6.サービス
7.ロック幸せ
8.夢見た男
9.オッサンマーチ
10.R&R IS NO DEAD
11.鳥の特急便
12.薔薇と憂鬱
13.ヒゲとボイン
14.SAMURAI5
15.すばらしい日々
16.車も電話もないけれど<アンコール1>
17.WAO!~イントロクイズ大会~ブルース~WAO!
18.サラウンド

UC30 若返る勤労(完全生産限定盤)

UC30 若返る勤労(完全生産限定盤)