無事なる男

敗北と死に至る道を淡々と書いています。

20周年、実りの季節。

BILLBOARD BEST 2011-2016

BILLBOARD BEST 2011-2016

 ノーナ・リーヴスが2011年から2016年まで在籍したBillboardレーベル時代の曲を集めたベスト盤。この間彼らがリリースしたアルバムはオリジナルアルバム3枚、そして洋楽カバーシリーズの『CHOICE』I~IIIの計6作。非常に精力的にレコーディングを行っていたことがわかる。本家ノーナとしての活動の他、西寺郷太は楽曲提供からプロデュース、執筆活動にメディア出演とマルチな活躍を続けてきた。奥田健介はレキシ、小松シゲル佐野元春&THE COYOTE BANDを中心に他のアーティストのライブやレコーディングに参加するなど、3人共に働きすぎじゃないかと思うほどの活躍だった。
 ファンは当然そうした活動の数々に目を向けてきているわけだけど、この間ノーナのアルバムはどれも素晴らしいものだったにもかかわらず、今イチ世間のリアクションが物足りない気がする。『POP STATION』も『FOREVER FOREVER』も『BLACKBERRY JAM』もノーナの魅力が詰まった良作だし、『CHOICE』シリーズでの選曲の妙とオリジナルへの愛は80年代洋楽で育った世代はもちろん、それ以外の人にもアピールするものだったと思う。(一時期は『CHOICE III』でのワム!三昧を聞きながら「噂のメロディ・メイカー」を読むのが楽しみでした)もちろん、ノーナへの注目は上がってきていると思うし、ライブの動員も順調だし、バンドとしてはいい状態なのだと思う。しかし、それでも彼らの持つ音楽性に対してまだ世間の評価は追いついていないと思う。むしろ同業者からの評価が非常に高い。正直ミュージシャンズ・ミュージシャンの域を出ていないような気がする。ファンとしてはそれをもどかしいと思いつつ、宝物のような彼らの音楽を愛でることに喜びを感じるのですが。20年間、彼らは洋楽をベースとしたJ-POPのお手本として全くぶれない作品を積み重ねてきた。このベストにも収録された『BLACKBERRY JAM』収録の「HARMONY」の歌詞に彼らの本音とプライドが現れているような気がする。「ひと昔前まで俺たちは ミスター・マニアックと呼ばれたけど 今じゃそれぞれのスキルだけを 武器にして平和な音楽を繋いでる」。彼らと同世代の自分にとってはノーナのような、80年代を下敷きにした音楽が広く認められて欲しいと切に願うし、ここ最近のシティポップ感あふれるバンドやアーティストの盛り上がりを見ているとそんな時代が近づいて来ているのかもしれないとワクワクする。そこにばっちりとノーナ・リーヴスがハマるはずと思う。なんたってこっちは20年前からやっているんだから、年季が違う。
 先に出た2010年までのベスト盤『POP’N SOUL 20~The Very Best of NONA REEVES』と合わせて聞くと彼らの歩みがよくわかる。そしてこの秋には再びワーナーミュージックに復帰し、新作アルバムがリリースになるという。ノーナの季節はもうすぐそこまで来ている。


ノーナ・リーヴス(NONA REEVES) 「O-V-E-R-H-E-A-T」(オーバーヒート)MV

もう10年、まだ10年。

サカナクション 「SAKANAQUARIUM 2017 10th ANNIVERSARY 『2007.05.09』 TOUR」
■2017/06/23@ニトリ文化ホール

 サカナクションが1stアルバム『GO TO THE FUTURE』をリリースしたのが2007年5月9日。それから10周年ということでのアニヴァーサリーツアー。僕がサカナクションというバンドを認識したのは2ndアルバム『NIGHT FISHING』が出た2008年最初の頃。そこからの彼らの歩みは早かった。3rd『シンシロ』やシングル「アルクアラウンド」がチャートの上位に入り、2010年10月には初の武道館公演。ライヴの規模やリリースの話題性などもどんどん大きくなり、音楽性とセールス、ライブ動員でもシーンの最先端を行くトップバンドとしての地位を確立していった。ライブ演出なども「そこまでやる?」という驚きを常に与えてくれていたし、会場の規模が大きくなってもライブにおけるサウンドのクオリティはいつも素晴らしいものだった。
 そんな風に振り返りモードで開演を待っていた。ホール会場ながら、ステージだけでなく客席の横のエリアまで光るポールのようなセットが張り出している。心臓の音のようなビートに合わせ、赤と青の光が客席までぐるりと移動する。「新宝島」から始まったライブは初期の曲までキャリア全般から万遍なく選ばれていた。初期の曲、特に『GO TO THE FUTURE』の曲などは打ち込みが少なく、バンドの生のアンサンブルが堪能できるのがうれしい。表題曲はちょっとジャジーなアレンジが加わってオシャレになっていた。中盤、「シーラカンス」「流線」ではおなじみのオイルアートをスクリーンに映し出すのだけど、そのやり方も洗練されていた。ステージ後方ではなく前方に位置した半透明スクリーンを使っていた。レーザーで円形の窓を作り、その中にオイルアートを映し出す。後方から照明を当て、窓の中には山口一郎のシルエットが映し出される。リアルタイムでアートビデオを作成しているようなスリリングさと美しさ。特に「流線」ではサイケデリックな空間が表出していたと思う。
 「バッハ~」から「三日月サンセット」の流れは実に見事で、スマートなDJプレイのようだった。「三日月」のアレンジも今のサカナクションに合わせてブラッシュアップされていた。本編は曲間が途切れず、ほぼ全編シームレスに繋がっていく展開だったのだけど、この「バッハ」から「三日月」、そしてクラフトワークフォーメーションでの「SORATO」「ミュージック」へと繋がる流れは素晴らしかった。縦横無尽に飛び交うレーザーも相まってテンションも上がる。まさにクライマックスだった。「まだまだ踊れる?」の声とともに「夜の踊り子」「アイデンティティ」とさらにヒートアップ。長年ファンに愛され続ける名曲「ナイトフィシングイズグッド」で本編ラストとなった。

 アンコールは今回のツアーでの目玉企画である「アンコールくじ引き」で2曲を決める。ライブ後に感想などをエゴサーチしているとセットリストに関して「「ルーキー」「アイデン」飽きた」とか書かれてて凹むらしい。だったらくじ引きにすれば文句出ないだろう、ということのようだ。僕が初めてサカナクションを見たペニーレーンでの「NIGHT FISHING」ツアーファイナル、アルバム2枚分の曲を全て演奏してしまい、2回目のアンコールでやる曲がなくなってしまったことがあった。その時はメンバー1曲ずつ候補を出してお客さんに選んでもらい、拍手が一番大きいのを演奏した。(その時は「ナイトフィッシングイズグッド」だった。)そんな微笑ましい場面を思い出したりした。候補曲をすべては覚えていないのだけど、最近はあまり演奏されない曲も多く、どれをやったとしても面白そうだった。曲を紹介するときに一郎君が一言コメントをつけていて、それがなかなか面白く。「父親の工房で引きこもって書いた曲」(「アムスフィッシュ」「フクロウ」)とか「つらい思い出しかない」(「エンドレス」)とか。「ワード」の時に、「YUKIさんに書いてコンペに出したんだけど落ちて。その時に決まったのが「JOY」。そりゃ負けるよね。」みたいなことを言ってて、僕は初めて聞いたエピソードだったので驚いた。厳正なるクジ引きの結果、選ばれたのは「アムスフィッシュ」「ワード」、奇しくも『NIGHT FISHING』から2曲。「アルクアラウンド」を挟み、新曲を演奏。非常にポップでダンサブルで、シングルっぽいなという感じの曲だった。一郎君によれば今は踊りたいハッピーな気分の曲を作りたいのだそう。それだけではサカナクションらしくない(笑)と思うけど、年内には絶対という次のアルバムにはそうした気分も反映されるんだろう。楽しみに待ちたい。

 山口一郎はサカナクションが注目され始めた割と初期から、「(自分が好きで聞いている)アンダーグラウンドな音楽とメインストリームとをつなぐ架け橋になりたい」と言っていた。チームサカナクションが大きくなった今でも、というか大きくなったからこそできることも増えているだろうし、ある意味それを利用している部分もあると思う。僕は前作『sakanaction』のアルバム発売イベントで一郎君に「今のサカナクションのライブは規模も演出も当初からは考えられないほどスケールアップしているけど、最初から今のようなことをやりたいと意識していたのか?」という質問をした。答えは否で、最初は何ができるか、自分たちが何をしたいかもわかっていなかったという。しかし次第に技術も知識もついてくるにつれ、やりたいことやアイディアが次々と出てきて、それを実現できるよう協力してくれるスタッフも増えてきて今に至るのだ、ということを丁寧に説明してくれた。ペニーレーンでのライブを見ている人間からすると10年経った今のサカナクションはとてつもなく遠くに行ってしまった感があるけれど、その道のりはけっして平坦ではなく、一歩ずつ事項錯誤しながら歩んできたのだろう。この日のライブも、音楽・映像・演出、全てにおいて今まで培ったスキルを惜しみなく発揮していたと思う。いつでも誠実にファンの方を向いて音楽を作ってきたバンドだと思うし、そこはこれからも信頼していきたい。

 どんなに大きなバンドになっても、北海道、札幌でのライブでは常に「おかえり」の声がかかる。そうやって、これからも地元のファンとして温かく応援したい。10周年、おめでとうございます。

f:id:magro:20170623211300j:plain


(以下ネタバレセットリスト)

続きを読む

岩瀬の偉大な記録について

 2017年のプロ野球交流戦が終わり、もうすぐ折り返し地点というところである。順位やけが人やチームの状態は12球団各々悲喜こもごもだと思うが、それは置いといてもうすぐ達成されそうな一つの大きな記録について考えてみたい。
 投手の通算登板試合数。現在のプロ野球記録は米田哲也氏の949試合。中日ドラゴンズ岩瀬仁紀投手は交流戦終了までで通算933試合。今季岩瀬投手はここまで29試合に登板しており、けがなどで長期離脱がない限り今季中に新記録達成の可能性が高い。
 プロ野球における通算記録やシーズン最多記録、特に投手部門の記録に関してはセーブやホールドなど後年になって正式に公式記録となったもの以外は1970年代以前の記録がほとんどである。例えば金田正一氏の通算400勝、4490奪三振稲尾和久氏・スタルヒン氏のシーズン42勝、江夏豊氏のシーズン401奪三振などだ。こうした大記録はチームのエースが先発もリリーフも兼任してフル回転していた時代のものだ。先発完投した次の試合でも連投も当たり前、やる側も使う側もそういうものだという時代だったとはいえ、今では考えられないようなブラック企業もびっくりの酷使があった時代に積み重ねられた記録たち。現在のように投手の分業制が確立し、先発の中6日ローテーションが定着した中ではもはや手が届くどころか指すらかからない記録だろう。そんな中、岩瀬が歴代記録1位に名前が上がることの偉業はもっと称えられていいはずだと思う。
 岩瀬は1999年のプロ入り以来、リリーフ専門として活躍してきた。2年目の2000年に1試合先発登板があるのみだ(ちなみにこのときは7回1失点で勝ち投手になっている)。15年連続50試合以上登板、通算402セーブなど数々の日本記録を持っているが、そこに通算登板試合数歴代1位の称号が加わろうとしている。けがから復帰後は以前のようなクローザーではなく左の中継ぎとしての役割だが、貴重な左のリリーフとして今でもベンチの信頼は厚い。来季も現役続行なら1000試合登板も視野に入ってくるだろう。
 偉大な記録や実績の割には地味な印象のある岩瀬ではあるが、プロ野球史に残る鉄腕リリーバーである。新記録達成の際には盛大に祝福したい。してあげてほしい。


個人年度別成績 【岩瀬仁紀 (中日ドラゴンズ)】 | NPB.jp 日本野球機構


歴代最高記録 登板 【通算記録】 | NPB.jp 日本野球機構

転がり続ける魂。

 エレファントカシマシ結成30周年を記念してのオールタイム・ベスト盤。実際のエレカシの活動は80年代前半から始まっているはずで、何をもって結成かという問題はあるが、多分高緑成治が加入して現在に至るラインナップになってから30周年ということなのだろう。
 彼らのように長いキャリアを持ち、作品数も多いバンドの場合、オールタイムベストというのは非常に難しい。時期によって曲の指向も変わるし、ファンの入れ替わりも多い。エレカシの場合簡単に言えばデビューしてから『東京の空』までのEPICソニー時代、『ココロに花を』から「今宵の月のように」でブレイクを迎えるポニーキャニオン時代、ほぼ宮本のソロとも言える『good morning』からバンド回帰を果たす東芝EMI時代、そして「俺たちの明日」から再ブレイクと言っていい充実を迎え現在に至るユニヴァーサル時代。ざっくり分けてもこれだけのフェイズがあり、サウンドも曲調もバンド内の力学も様々だ。何より、その膨大な楽曲群には20代前半から40代後半までの男の人生が刻まれているわけで、一筋縄ではいかない。言うまでもなくエレカシの場合、シングル曲を並べればベスト盤になるかというとそんなことはない。エレカシ自身すでにベスト盤と名のつくものは何作もリリースしているが、万人を満足させる選曲というのはほぼ不可能に近いのだ。
 今回はその点、宮本自身が選曲を行っていることが重要だ。ファンにとってはもちろん「あの曲がない、この曲がない」という意見はあろうが、ここには宮本による「これがエレカシですよ」という一つのフォーマットが提示されている。2枚組の本作ではそれを「Mellow&Shout」「Roll&Spirit」とディスクごとに色合いを分けて選曲している。
 簡単に言ってしまえば「Disc1:Mellow&Shout」にはセンチメンタルで繊細な曲、万人に受け入れられるメロディアスで開かれた曲が多く、「Disc2:Roll&Spirit」にはロックンロールバンドとしてのエレカシのコアな部分、激しい面が収められていると思う。しかし、Disc1にユーミンのカバー「翳りゆく部屋」が収録されていたり、Disc2にアコースティックな「涙」が入っていたりと一概に言えるものでもない。長年のファンはこの選曲に対する宮本の意図を読み取ろうとすることで改めてエレカシというバンドの奥深さに向かい合うことになるだろうし、最近ファンになった人にとってはここから過去作を辿る入門編にもなると思う。
 エレカシの最高傑作は何かという問いは、ファン歴が長ければ長いほど難しい質問だ。自分の思い入れを込みで考えてしまうと、それはファンとして過ごした自分の人生を振り返ることにもなるからだ。僕の場合も『生活』というアルバムは絶対にはずせないし、『東京の空』も『ココロに花を』も重要なアルバムだ。そうした自分史を外して、俯瞰的にエレカシというバンドを見た時にはやはりデビュー作『THE ELEPHANT KASHIMASHI』に行きつくのではないかと思う。バンドの歴史は積み重なっても、このデビュー作にはそのすべての萌芽がすでにここにあったのだと思えてしまう。現在の彼らのライブにおいてもハイライトとして君臨するその1曲目「ファイティングマン」を、宮本はこのベスト盤のタイトルとし、ラストに配置した。ここからすべてが始まり、最後にはここに行きつくということだろうか。宮本がエレカシというバンドの本質をどうとらえているのか、透けて見えてくるような気がするのだ。

spice.eplus.jp

純粋ヤクザ、チャゼル監督の業。~『ラ・ラ・ランド』感想

gaga.ne.jp

La La Land (Original Motion Picture Soundtrack)

La La Land (Original Motion Picture Soundtrack)

  • Various Artists
  • サウンドトラック
  • ¥1600

 第89回アカデミー賞において史上最多タイのノミネートと、表彰式での前代未聞の顛末もあり間違いなく最も注目され話題を集めた作品である『ラ・ラ・ランド』。ようやく見てきました。多分もう一回見に行くと思います。すでに様々なところで語られ尽くされていると思うし、今更感しかないと思いますが初見で感じたことをまとめて書いておこうと思います。

 結論から言えば、僕は楽しめました。面白かったです。ただ、事前にいろいろ情報が入ってきてハードルが上がってしまっていたのと、意外と賛否両論であるということで、ちょっとフラットな感想にならなかったかもしれません。映画の冒頭、ロサンゼルスの高速道路をジャックして撮影された「Another Day of Sun」で一気に引き込まれました。これは本当に素晴らしいと思います。僕は事前にサウンドトラックを買って聞きまくっていたので(そのせいでハードルが上がったというのもあるが)音楽のクオリティが高いのはわかってました。ミュージカルシーンは総じて楽しい。出演者たちの歌やダンスもいい。特にエマ・ストーンは主演女優賞納得の素晴らしさだったと思います。頑張ったんだろうなあ。過去の名作ミュージカルからの引用やオマージュについては識者の方々の論を見るのがいいと思いますが、それらを知らなくても楽しむのに支障はありません。僕はジャズのうるさ方(笑)ではないので、菊池成孔氏の酷評においても物語部分では一理あると思いつつジャズの扱いについては特に違和感を感じませんでした。これは『セッション』における菊池氏の論評でも同様でした。たぶん、それほどジャズに造詣の深くない一般観衆の大多数も似たようなものだと思います。
realsound.jp


 脚本の雑さについては、そもそもミュージカル映画においてどこまでシリアスな脚本を求めるのか問題というか。男女が恋に落ちました→はいハッピーな曲で歌って踊って、的なので十分だと僕は思うんですね。一片の隙もない脚本と演技でもって主人公たちに感情移入するよりは全体的な物語(あらすじ)や画面や音楽に没入できれば正直問題ないと思うのです。そういう意味で、僕にとって『ラ・ラ・ランド』は文句ないミュージカル映画だったと思います。僕がこの映画を見て違和感を感じ、すっきりしなかった点は他にあります。夢を追う主人公たちがその結果どうなったかとその過程の描き方です。これは物語のテーマに大きく関係する点です。ここがどうにも気になりました。『ラ・ラ・ランド』は映画女優を夢見るがオーディションに落ちまくっているミア(エマ・ストーン)と自分の店を持つのが夢のうだつの上がらないジャズ・ピアニストのセブ(ライアン・ゴズリング)のラブストーリーです。お互い不遇な状況で夢を語り合い、恋に落ちるという王道のロマンス。物語はセブの知り合いであるキース(ジョン・レジェンド)が自身のバンドにセブを誘う所から大きく動きます。セブは伝統的なジャズをやりたいのに対し、キースのバンドはコンテンポラリーなポップ・ファンクのような音楽です。バンドの演奏シーンではステージ上のセブも客席のミアも、大盛り上がりの他の観客を尻目に居心地の悪い表情なのです。そのバンドが大人気になり、全国をツアーで飛び回る生活になったセブはミアとの時間も取れなくなり二人にすれ違いが生じます。ケンカの中でミアはセブにこんなセリフを言います。「あんなやりたくもない音楽をやって、店を持つって夢はどうなったの?」と。この辺で僕はオイオイちょっと待てよと思いました。最終的にセブが自分の店を持つのが夢だとして、夢を語るだけでは飯は食えません。店の資金を稼ぐためにも仕事はしなくてはいけない。そんな状況の中稼げるバンドへ誘ってくれたキースはセブにとってはむしろ恩人であると思うのです。が、この映画ではキースは悪役とは言わないまでも、純粋にジャズをやりたいセブの対極にある存在として描かれます。キースがセブに「お前の言いたいことはわかるよ。でもジャズでは売れないんだ」的なことを言うシーンもあります。セブと一緒にジャズを学んだキースもどこか後ろめたさを抱えつつバンドをやっていることを匂わせるのです。何だそれ。純粋なジャズが偉くて、ポップファンクは邪道ですか?監督はマルーン5に恨みでもあるのでしょうか。百歩譲ってそれはいいとして(個人的には良くないんですが)、最終的な夢への過程でやりたくない仕事をすることはいけないことなのでしょうか。僕はそう思いません。セブの選択は別に間違っていないと思うし、それをミアにきちんと説明すればいいのです。ミアとセブの言い争いの中でも「大人になれ」という言葉が出てきましたが、全くその通り。大人として、夢と現実の綱引きの中でやるべきことをやっていくしかないのです。どうも、この映画には「夢を追う人間は回り道や寄り道をせず、まっすぐに夢に向かって進むべきだ」というピュア幻想が見え隠れするのです。それはもしかしたらジャズドラマーになる夢をあきらめたデイミアン・チャゼル監督の過去からくるものなのかもしれません。しかしそれは僕には間違った純粋主義であるように映りました。「子供のままで夢を見る」ことが正しいことなのだと言ってるようにも思えます。「夢を追う人は純粋でなくてはならない。邪道で夢をかなえても虚しいだけですよ。」というのが本作のテーマだとするならば、チャゼル監督はなんという純粋ヤクザでしょうか。

 ミアが最後に受けたオーディションの後、お互いの夢と愛情を確認した二人。そのまま関係を続けるとも別れるともはっきりしないまま物語は5年後に飛びます。ミアは女優として成功し、結婚し子供にも恵まれ幸せな生活を送っています。しかしその相手はセブではありません。旦那さんと食事に出た際にふと立ち寄ったジャズ・クラブ。そこには、かつてセブと語り合った時にミア自身が考えた店の名前とロゴがありました。セブはジャズ・クラブのオーナーとして、またピアニストとして夢をかなえていたのです。ステージと客席で目を合わせた二人。セブが弾き始めたのは二人が出会うきっかけとなった曲。そして劇中では「あのまま、二人が別れずにいたらどうなっていたか」という架空の将来が走馬灯のように描かれるのです。このシーンで涙腺決壊した方も多いことでしょう。僕もこのシーンはいいと思いましたが、やはり違和感を感じました。ラストをどう思うかは人それぞれでしょうが、僕にはセブとミアが悲劇の主人公に見えました。その「こうなっていたかもしれない未来」のシーンが美しく華やかであればあるほど、現在の二人には「こんなはずではなかった」感が漂ってくるのです。しかしミアもセブも、自分たちの夢をかなえているのです。何の不満があるのでしょう。「夢はかなったけど、隣にいるのが彼(彼女)じゃない」ことに虚しさを感じているのでしょうか。しかしセブはともかくミアがそれを言ってはいけないでしょう。旦那さんや子供に失礼極まりないですよ。これが二人にとっては夢をかなえるためにはそうするしかなかったと、どうにもならない力や状況で引き裂かれてしまったということならまだわかります。が、前述のように別れたかどうかは劇中でははっきりと描かれていません。「5年後」のシーンのインパクトを強くするための演出的な都合かもしれませんが、普通に見ただけではセブもミアも自分たちの意思で関係を解消しただけに見えます。本来ならばセブもミアも夢を実現してハッピーエンドで終わって全然いい話だと思います。チャゼル監督は「夢と現実の差」について描きたかったということを言ってますが、ロサンゼルスでもどこでもたくさんいるだろう、セブやミアのように夢を追っている人々(そして実際夢をかなえられる人間はほんの一握りでしょう)から怒られるんじゃないでしょうか。勝手に別れて勝手に未練がましくしてんじゃねえよ、夢かなえておきながら贅沢言ってんじゃねえよ!と。ミアとセブにとって「夢と現実の差」は一緒になれなかったこと、ということなんでしょうか。だとしたら二人が出会う前から持っていた「夢」は結局その程度のものでしかなかったということで、どちらにしろ共感できない話です。「夢をかなえるためには何かを諦めなければならない」ということが言いたかったのかもしれません。しかし僕にはあの「こうなっていたかもしれない未来」は彼らの意思や力でいくらでも「実現できていたはずの未来」に見えました。それを手放したのは彼らの勝手です。にもかかわらず夢を手にした現実に不満げな彼らには違和感しか残りません。

そんなことを思いました。再度見て、感想が変わったら書き直します。
あと、僕は国内盤買っちゃったんですけどサウンドトラックのジャケットは海外盤の方が圧倒的に素敵だと思います。

Ost: La La Land

Ost: La La Land