読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無事なる男

敗北と死に至る道を淡々と書いています。

シンジのヘタレっぷりも過去最高。

エヴァンゲリヲン新劇場版:Q
■総監督:庵野秀明 ■キャスト:緒方恵美林原めぐみ坂本真綾三石琴乃宮村優子
 見終わって、劇場を出る時に近くにいた若い兄ちゃん達が話していたことが全てだと思う。「シンジ君マジかわいそうだわ」「てかオレらもかわいそうじゃね?」「説明なさすぎワロタw」・・・そう、一切の説明がないままにこの新劇場版の物語はTV版とも前劇場版とも全く違う新たな展開を見せることになる。前シリーズと違う展開になることは最初からわかってはいたものの、ここまで飛躍してしまうと見る側はついてこれない。もちろん、それも見越しての作りなのだろうけれど、やはりこれはひどすぎると思う。本作を見て、一度で何が起きているのか理解できる人は正直、病院に行った方がいいと思う。
 きちんと理解しようとすれば、前シリーズ(劇場版)では、シンジと初號機の覚醒によりサード・インパクトが発動、それにより人類補完計画が完遂される、というところで完結した(と思う)のだけど、本作においてはサード・インパクトのみが起こり、補完計画がまだ成っていない世界を描くということ(だと思う)で、一応はパラレル・ワールド的体裁を保っているものと推測する。物語中にそれっぽいキーワードと伏線、謎をこれでもかと配置し、真実が知りたいという観客の欲求を徒に喚起することで社会現象となった作品ではあるが、ここに至っては逆にその謎とかもうどうでもいいというか。「知らんがな」という感じである。このあからさまな謎展開と放ったらかし感には明確な「悪意」を感じる。『破』にはまだ全体を一本の映画としてまとめる意思があったし、アクションの見事さとエンターテインメントとしての完成度はシリーズ随一だったとすら思う。本作においても一応、冬月がシンジに真実を語るシーンがある(本作中で僕が一番好きなシーンだ)。そういう事ができるにも関わらず、あえて物語をまとめずに観客にカタルシスを提供することを放棄している。これを悪意と言わず何と言おう。簡単に言えば映画としてあまりにも中途半端だし、少なくとも娯楽映画としては失格だと思う。シリーズの中間作であるにしても、あまりにもひどい。シンジがカヲルに心酔していく展開では二人のシーンの構図が明確なシンメトリーを成しているとか、いいなと思う部分もなくはないだけに、庵野氏の性格の悪さが残念でならない。
 新劇場版ラストとなる次作において、この展開や伏線や謎が全てきちんと解明され、物語として決着がつくのであれば、本作の意味不明さも許容できるだろうが、僕はそうはならないんじゃないかと思う。謎は謎のまま放り出され、見る者の頭に無数の「?」が浮かんだまま新劇場版が終わるような気がしてならない。本作を見て、次作に期待する人ともう見限ってしまう人と、2種類に分かれるような気がする。僕は貧乏性なので、ここまで来たら最後まで見ておこうと思っているけど、過度な期待はもうしないようにしようと思う。それに気づくまでに15年かかってしまった。僕はバカだ。
 「巨神兵、東京に現る」は特撮マニアとしての庵野氏の意地と気概を見ることができて良かったです。でも林原めぐみのナレーションは要らない(多すぎ)と思った。